セキュリティと安全保護対策

このページは、テゼを訪れる人々のセキュリティと安全保護に関する注意点と指針をお知らせするために2010年に公開されました。テゼへ来る前に、一人ひとりがこの情報を理解していることが大切です。さらに、何年も前から、テゼでの集いに参加するすべての方は、到着時に、安全保護対策について以下に説明される内容を含む詳細を記した案内を受け取ることになっています。

多くの人々にとって、テゼは信頼の場所です。訪問者にとってテゼが安全な場所になるように、一人ひとりが心する必要があります。各グループの安全に関して、テゼ共同体は、特にグループ・リーダーの方々が責任を担い、注意することを頼りにしています。

セキュリティ

フランスにおけるセキュリティ対策の一環として、特に大規模な集会の場所は当局による保護の対象となっています。

セキュリティ上の理由から、すべての手荷物には名札(ネームタグ)を付け、荷物を置いてその場を離れないでください。教会には旅行カバンやバックパックを持ち込まないようお願いしています。教会入り口で、青年たちのチームが、これらの指示が守られていることを確認します。

テゼの外においては、人通りの少ない道を一人で出歩かないようにしてください。

安全保護対策

もし性的虐待や何らかの暴力(特に未成年者に対するもの)、またはその他疑わしい行為に気づいた場合は、テゼで安全保護対策を担当するブラザーにそのことを直ちに話してください。(ラ・モラダ(La Morada)という場所で呼び出すことができます。)または、自分が信頼できる他の人に連絡してください。たとえばグループ・リーダー、ブラザーたちに協力して青年たちの歓迎にあたるシスターたち、あるいはエル・アビオド(El Abiodh)という建物に日中と夜間に待機する救護所の担当者など。

最近の出来事かどうかにかかわらず、起こったことはすべてprotection taize.frにメールを送ることでブラザーたちに知らせることができます。 このアドレスに送信されるメッセージは、ブラザー2名、聖アンデレ修道女会のシスター1名、それからテゼ共同体外の人1名が受信します。もし何か伝えることがあり、メッセージを受け取る人々の名前をお知りになりたい場合は、最初のメッセージにその旨を記してください。

自分の国のホットライン(緊急相談窓口)に連絡することもできます。例えば、英語を公用語とする国々では、以下のような数多くの連絡先があります。

  • 英国:+44 800 1111、英国児童虐待防止協会(NSPCC)の「ChildLine」サービス NSPCC [https://www.nspcc.org.uk/preventing-abuse/our-services/nspcc-helpline/]
  • アイルランド:子供家族機構(TUSLA)の子供ファースト助言オフィサー(Children First Advice Officers)に連絡 TUSLA [https://www.tusla.ie/get-in-touch/children-first-information-and-advice-officers/]
  • オーストラリア:1800 737 732に電話して「1800 Respect」に連絡。または、 [http://www.1800respect.org.au [http://www.1800respect.org.au]]にアクセス
  • 米国およびカナダ:「ChildHelp」ホットライン1-800-422-4453に電話。または、 [https://www.childhelp.org/hotline/ [http://www.childhelp.org/hotline/]]にアクセス

薬物(ドラッグ)の使用やアルコールの大量摂取を目にした場合は、できるだけ速やかにラ・モラダ(La Morada)に通報してください

Printed from: http://www.taize.fr/ja_article27969.html - 26 September 2020
Copyright © 2020 - Ateliers et Presses de Taizé, Taizé Community, 71250 France